転職活動はスーツ選びも重要!好印象となるポイントを押さえよう!

 2019/04/19(金) 配信


転職活動はスーツ選びも重要!好印象となるポイントを押さえよう!

 転職活動において、どんなスーツを選ぶかは重要な要素の一つとなります。面接の短い時間で面接官に良い印象を持ってもらうためには、きちんとした服装をすることが欠かせないからです。自分をより良くアピールするためにも、転職活動におけるスーツ選びのポイントを知っておきましょう。この記事では、相手に好印象を与えるスーツの選び方を男性・女性でそれぞれ紹介し、転職の際の面接で気をつけたい服装や身だしなみについても説明します。

転職活動におけるスーツ選びの基本


転職活動におけるスーツ選びの基本

 まず、転職活動におけるスーツ選びの基本的なポイントをおさえておきましょう。「面接にはリクルートスーツ」というイメージを持っている人もいるかもしれませんが、転職活動ではリクルートスーツではなく、ビジネススーツを着用するのが基本です。リクルートスーツは学生が就職活動を行う際に着用するもので、ビジネススーツは社会人が仕事をする時に着用するものです。リクルートスーツを着ていると相手に頼りないイメージや幼い印象を与えてしまうことがあり、社会人の転職には適していません。ビジネスパーソンとしてのマナーが身についていることを示す、ビジネスシーンに適したスーツが良いでしょう。濃紺やグレーなど、明るすぎず相手に不快感を与えないシンプルなビジネススーツを選びます。学生が行う就活ではなく社会人としての転職であるため、ビジネススーツを着用して、社会人経験を持つ一人前の大人であることをしっかりアピールしましょう。
 無難なビジネススーツには、誰が着ても同じように見えてしまうというマイナス面もあります。社会人の転職なら、マナーの範囲内で個性を出して、自分らしさをアピールしてみましょう。適度に個性を盛り込めるビジネススーツを自分らしく着こなしていると、社会人としてのマナーを守りながらも個性も適度に出せる余裕があることを相手に感じてもらえます。

面接官が注目するスーツのポイント


面接官が注目するスーツのポイント

 面接の際に、担当者はスーツに関して主に清潔感があるかどうか、TPOに合っているかどうかをチェックしています。ビジネスシーンにおいて、その場にふさわしい清潔感があることはとても重要です。特に営業職など人と直接対面する仕事では、相手に不快感を与えないことは最低限のマナーです。スーツにシワがあったり汚れがついていたりすると、だらしない印象を与えてしまいます。面接のためにあわててスーツを引っぱり出してきたように見えて、面接に対してあまり真剣な態度ではないと評価されてしまうかもしれません。面接に臨む際のスーツは必ずしも新品である必要はありませんが、きちんとクリーニングをしたきれいなものを着用するべきでしょう。スーツにカビやタバコなどの不快なにおいがついていないかどうかも、事前にチェックしておきます。

好印象となるスーツ選び:女性編


好印象となるスーツ選び:女性編

 面接で好印象を与えるためには、女性はスタンダードな形と色のビジネススーツを着用することが基本です。色は黒や紺、グレー、ベージュなどベーシックなもので、柄は無地またはピンストライプなどの派手すぎないものを選びます。ボトムは、パンツでもスカートでもかまいません。一般的にはスカートのほうが無難とされていますが、営業職などではパンツスーツでアクティブさをアピールするのも一つの手です。ぴったりとしたスキニーパンツや丈の短いミニスカートなどは、避けたほうが良いでしょう。
 ジャケットのインナーに着用するシャツやブラウスも、派手ではないシンプルなものを選びます。ここで注意したいのは、黒やダークグレーのスーツに白いシャツを合わせた場合、リクルートスーツのように見えてしまうことです。シャツやブラウスの色は白以外に、薄いピンクやブルーなども着用できます。足元は、たとえ真夏であってもナチュラルストッキングは必ず着用します。靴は、シンプルな黒のパンプスが無難です。汚れが目立ちやすいオープントウのパンプスや、露出の多いサンダルなどは避けます。面接の日は立ったり座ったりするので、スムーズに動けるようにヒールは高すぎない、7cmくらいまでのものを選びましょう。

好印象となるスーツ選び:男性編


好印象となるスーツ選び:男性編

 男性も、面接ではスタンダードな色と形のビジネススーツが基本です。女性はベージュなど明るい色のスーツでも問題ありませんが、男性の場合はより落ち着いた色で、黒や紺、グレー程度にとどめておくのが良いでしょう。パンツは、ジャケットとセットのものを着用します。ワイシャツは、オーソドックスな白の無地が基本です。きちんとアイロンがけをして、パリッとした清潔感のあるものを用意しておきます。ネクタイの色はスーツの色と合わせるなら、全身のバランスがとれてすっきりと見えるものを選びましょう。無地やチェック、ストライプなど大きすぎない柄のシンプルな1本がよいでしょう。
 ベルトは、スーツに合う色できちんと見える革製のものにします。バックル部分の装飾が派手なものや、カジュアルな印象を与えるものは避けます。ジャケットを脱いだときや、座ったときなどに意外とベルトは目立つので、細かな部分ですが気を抜かないようにしましょう。靴下は、黒系の無地なら悪目立ちすることはありません。靴は、黒またはこげ茶色の革のビジネスシューズを選びます。靴はベルトの色と合わせると、全身がうまくまとまります。面接の前には靴をきれいに磨いて、汚れがついていないかどうかをチェックしておくと安心です。

転職の面接で気をつけたい点


転職の面接で気をつけたい点

 転職の面接では、いくつか気をつけておきたい点があります。まず、初めに取り上げたように、リクルートスーツではなくビジネススーツを着用することです。学生の就活を連想させてしまうため、リクルートスーツは避けたほうが無難です。普段香水を愛用しているとしても、面接では香水は極力使用しないようにしましょう。好き嫌いが分かれやすい香水は、自分にとってはよい香りでも相手に不快感を与えてしまうことがあるからです。面接が行われる会議室などの狭い空間の中では、香水の香りが思ったよりも強く漂ってしまうことがあるので注意しましょう。
 時計は、シンプルなビジネス仕様のものを選びます。あまりに大きくて目立つものや、華美なものは避けます。スタンダードな形で針が見やすい機能的なものが、ビジネスの場にはふさわしいでしょう。最後に、面接の際に応募書類などを持って行くカバンについてです。カバンはシンプルなビジネスバッグで、A4サイズ対応のものを選びます。A4サイズが入るものなら、履歴書などの書類を折りたたむことなく持ち運べます。面接のときにはカバンを床に直置きすることが多いので、底にマチのついた自立するものが良いでしょう。普段使っている、カジュアルなリュックサックやショルダーバックなどは避けます。

転職活動に適したスーツ選びをしよう!


転職活動に適したスーツ選びをしよう!

 転職活動をするときには、新卒の就職活動とは少し違ったスーツ選びが必要となります。スーツはシンプルなものであれば、ピンストライプなど目立たない柄のものも選べます。転職活動ではうまくビジネススーツを着こなすことで、ビジネスパーソンとしてのマナーをしっかり身につけていることをアピールできるのです。ここで紹介した転職活動に適したスーツ選びの基本をおさえて、周りの人とは異なる個性や清潔感を出せるように工夫してみましょう。

お問い合わせはこちら

ご応募・お問い合わせ

  • 直接オペレーターとご相談できます
  • WEB応募する